三谷梓詩集 こいのぼり/タイトル
 三谷梓詩集こいのぼり
2月の詩へ >>
春の詩 梓・自分のこと
夏の詩 弟・穂高のこと
秋の詩 妹・桐子のこと
冬の詩 あとがき
SAC5周年記念公演無事終了
Song&Dance「明日へのエナジー」
ミュージカル「Dear Friends」
・2007年8月12日(日)
三軒茶屋シアタートラム
sac公演SAC(青鳥養護学校表現活動部OB)
'05年12月公演 Photo Album >>
梓も母親役で出演しました。
さくらがおか耳鼻咽喉科ホームへ
三谷 梓(みたに あずさ)三谷梓詩集こいのぼり/バナー
 
1986年(昭和61年)5月5日生まれ。
 ダウン症*1 障害*2 をもつわが家の長女です。
 0歳半から東京都三鷹市のみたかつくしんぼ保育園、就学前の2年間は三鷹市立新川保育園で、親子共々育てていただきました。
 その後、健常児と障害児の共同教育を実践している私立和光小学校(世田谷区)入学に伴い三鷹市から世田谷区に転居。和光小学校2年生の時、初めてつくった詩を担任の先生に褒めていただいたのがきっかけで、詩を書くようになりました。
 5年生までの4年間に書きためた詩を、たくさんの方々のお力添えでアリス館から刊行されたのがこの詩集「こいのぼり」です。
 その後、世田谷区立八幡中学校C組を経て、2005年3月東京都立青鳥養護学校高等部卒業。同年4月より、みたかつくしんぼ保育園にパート職員として勤務。
 また、青鳥養護学校で3年間うちこんだ表現活動部のつながりで、SAC(Seicho Actors Club)*3 のメンバーとしても、張りきっています。
'05年12月、目黒パーシモンホールで行われたSAC公演「スニーカーをはいたシンデレラ」Photo Albumもどうぞご覧下さい。
*1 ダウン症候群関連リンク集>> ダウン症とは>>
*2「障害」表記について>>障碍、障害、障がい?
*3 SAC(Seicho Actors Club)>>
都立青鳥養護学校表現活動部OB会から生まれた演劇・ダンスなどの自己表現をするクラブです。その活動は、映画「虹をつかむステージ」で紹介され、また毎年数回の公演も行っています。
詳しくは、SACホームページで。